無憂扇きゅう(むゆうせんきゅう)

有限会社くす無憂扇(くすむゆうせん)

くす無憂扇(くすむゆうせん)では、もぐさを利用した温きゅう『無憂扇きゅう』医療器の製造・販売と会員制の保養所の経営を行っております。



会員様入会の想い

トップ > 会員様入会の想い > 尿管がんと味覚障害

尿管がんと味覚障害

私が、若い頃から大好きでよく登った九重の山々、その近くの谷あいにとても素晴らしい癒しの場、びわエキス温灸「無憂扇きゅう」のあることは知りませんでした。私の妹のすすめで「無憂扇きゅう」のことを知り、早速十二月四日からの研修会に参加させてもらいました。私は、尿管ガンで治療中です(平成二十三年八月に判明)。

また、味覚障害があり、食欲がなく困っていました。温灸の研修会では、スタッフの皆さんがとても丁寧にご指導下さり、私も一生懸命に勉強させてもらいました。

びわエキス、温灸やびわ粉、びわ茶等が私の体に良く合っているのか、自分でも不思議なくらい一日毎に体調が良くなる事を感じました。

また、苦しい思いをしていた味覚の方も日に日にうすらぎ、三度の食事が楽しみに変わって来ました。

ほんとうにうれしいです。この調子ならきっと病の方も良くなるという確信みたいなものが身体の中に生れて来たように感じています。

「無憂扇きゅう」研修会のスタッフの方々や参加された皆さんの明るさ、温かさ、そして素晴らしい笑顔、いつも会場イッパイに皆さんのピカピカと輝いている何かが、私に大きな元気をくれました。有難うございます。

これからもゆっくり楽しみながら温灸を永く永く続けようと心に決めております。これからもどうかよろしくお願い申し上げます。

ほんとうに有難うございました。心の底からお礼を申し上げます。

会員様入会の想い一覧へ戻る