無憂扇きゅう(むゆうせんきゅう)

有限会社くす無憂扇(くすむゆうせん)

くす無憂扇(くすむゆうせん)では、もぐさを利用した温きゅう『無憂扇きゅう』医療器の製造・販売と会員制の保養所の経営を行っております。



会社概要

トップ > 会社概要

私たちは、無憂扇きゅう医療器を、多くの人々および各家庭に広く普及し、かつ効率よくもっとも効果的な使用法の指導を行うことを目的とする。

当社は、昭和59年に管理医療機器「無憂扇きゅう」第1号器を開発し、
昭和60年に厚労省の製造認可を受け、現在、第3号器に至っております。
製造販売を営む上で、ユーザー様の手元にあっても責任ある管理を行なうことを目標に
医療機器に対しての品質マネジメントシステム運営を目的として、
平成19年3月にISO13485認証を取得し運用してまいりました。
この9年に及ぶ品質マネジメントシステムの運用により、当初の導入目的が社内に浸透し定着したと判断し、
今般ISO13485の認証を平成28年3月28日をもって返上することと致しました。
今後も品質目標を定め、品質マネジメントシステムに基づき、目標を達成するために必要な施策を計画・実施し、製品の品質や仕事のやり方を引き続き取組み継続してまいります。

会社概要

会社名 有限会社 くす無憂扇
代表者名 大サチコ
所在地 〒879-4802 大分県玖珠郡九重町大字野上2861-109
TEL 0973-77-6277
FAX 0973-77-6278
設 立 昭和59年
資本金 3,000,000円
従業員数 12名
事業内容 1.医療用の機器・器具・備品・消耗品の製造及び販売
2.びわ茶の製造及び販売
3.はり・灸のマッサージ業
4.会員制保養所(健康指導とする)経営


くす無憂扇の沿革

昭和59年 医療用具 無憂扇きゅうを開発
昭和60年 厚生省(現 厚生労働省)の認可を受ける
昭和61年 大分県経済連の販売指定を受ける
大分県大分市内に治療院を開設
平成3年 鹿児島県経済連の販売指定を受ける
平成4年 セラミックス使用の無憂扇きゅう2号器を開発
実用新案登録を受ける
平成6年 厚生省(現 厚生労働省)より医療用具承認を受ける
無憂扇会の前身となる技術普及のための会を設立
商標登録「無憂扇」を認可
平成10年7月 無憂扇きゅう研修センター起工
平成10年12月 無憂扇きゅう研修センター完成
平成11年5月 無憂扇きゅう研修センター落成式
平成12年5月 第2研修センター起工
平成12年12月 無憂扇会に改名
平成13年5月 第2研修センター落成
平成14年4月 井戸掘削工事
平成14年5月 温泉掘削工事
平成15年5月 無憂扇きゅう3号器を開発
無憂扇会指導員100期生を迎える
平成17年2月 厚生労働省より医療用具承認を受ける
平成17年10月 第3研修センター起工
平成18年5月 第3研修センター落成
平成19年3月 (有)くす無憂扇 ISO13485認証取得
平成20年9月 温泉利用開始
平成21年7月 保養所起工
平成21年12月 保養所完成
平成22年4月 保養所落成
平成22年9月 第3研修センター増築
平成28年3月 ISO13485認証の返上